ヘルツ(HERZ)に行って財布を見て来ました。

2013年のGWに東京にあるヘルツの4店舗を巡ってきましたので、店内の写真を交えてご紹介したいと思います。

青山本店

まずは本店です。

 

本店だからてっきり大きなお店かと思いきや、コンパクトに収まったこじんまりとしたお店でした。

 

 

店内はほとんどバッグで埋め尽くされていました。それもメンズ用のビジネスバッグが中心です。

 

 

ヘルツさんはオリジナルの堅くて厚いレザーを作ってもらっているようです。

 

そして、Organ以外の店舗ではそのレザーを使用した堅めのレザー製品を作っているのだとか。

 

 

確かに触ってみると分厚いなぁという印象を持ちました。

Organ - オルガン

本店から徒歩2分のところにあるOrgan(オルガン)です。

 

 

中にはゆったりと、ユニセックスの革製品が置いてありました。

 

 

この店舗だけは既成品のレザーを使っているようで、レザーも柔らかく、バッグも財布もとても親しみを覚えました。

 

シンプルでナチュラルな革製品が多数置いてあります。

 

 

実は私はOrganの長財布を仙台店で購入して持っています。準備ができ次第別ページで詳しくご紹介する予定です。

 

FACTORY SHOP

オルガンのすぐ隣にあるのがFACTORY SHOP。

 

基本的には工房なのですが、アウトレット品やサンプル品などここならではの商品も多数並んでいます。

 

 

ヘルツの商品はちょっと高くて買えないなぁと思っている方はこちらの店舗を覗いて見ることをオススメします。

 

 

お得な一品を見つけることができるかもしれません。

TOM DIDK & HARRY

ここも本店から2〜3分の所にあります。

 

「TOM DIDK & HARRY」というのは英語の慣用句で、「誰も彼も皆」という意味があるそうです。

 

 

誰もが楽しめる、遊び心満載の商品がところ狭しと並んでいました。

 

ヘルツに行ってみての感想。

事前に撮影許可を頂いていた訳ではないのですが、どの店舗でもすぐに撮影の許可を頂くことができました。包み隠さずにオープンにしている、そんな印象を抱きました。

 

店員さんも皆さん気さくな方ばかりでとても好印象です。

 

堅めのレザーなので財布に関しては正直言うとオススメできる物はあまり無いのですが、ヘルツはバッグや小物類がオススメです。

 

個人的にはOrganの雰囲気がとても好きです。オーガニック系の雑誌に出てくるような、ナチュラルな印象があります。

 

リンネル、ソトコト、天然生活、みたいな。

 

東京へ行かれる際は今回ご紹介した青山にある4店舗に是非足を運んでみて下さい。全て徒歩2〜3分のエリアにあります。

トップへ戻る