財布はお金の家であり、玄関である。

まず、『 財布はお金の家・玄関である 』 ということをしっかりと理解しておく必要があります。

 

財布はお金が出入りする場所、そして住んでいる家です。大切なお金を守ってくれるものでもありますし、丁寧に扱うべきです。

 

しかしこの家である財布を二つに折り曲げてズボンのポケットに入れてしまったりすると、写真のように財布自体の形を歪め、傷みが早くなる原因にもなります。

 

 

また、後ろのポケットとに入れるのも良くありません。

 

防犯の面でもオススメできませんが、このまま座ってしまったりすると・・・大切なお金をお尻に敷いて踏みつけにする状態になってしまいます。

 

もちろん財布にも良くありませんし、金運を下げる結果にもなります。

 

 

二つ折り財布はコンパクトしたいときには便利ですが、お札を折り曲げることになり、これも金運上良くありません。一番丁寧にお札を扱う事を考えるなら、やはり長財布が良いのです。

 

そしてズボンのポケットに入れるのではなく、ポーチやバッグで持ち歩くこと。

 

この点はかなり重要なことだと思っているので、私はいつもこんな感じでポーチに入れたりカバンに入れて持ち歩いています。

 

 

以前は時々ズボンの後ろポケットに入れることがありましたが、形も崩れてしまうのでもう二度としないと決めています。

 

お金はものとしては金券でしかありませんが、いろいろな目に見えないエネルギーを秘めた存在です。仕事をして稼ぐ大切なものであり、物やサービスと交換できる万能さを持っています。

 

なるべくいい状態を維持して大切に扱う事が大切だと思います。そのためにも、なるべく二つに折り曲げないほうが良いと思います。

長財布はお金を綺麗に扱うことができる。

家である財布とお金の両方を大切に扱えるのが、長財布の特徴です。

 

私自身、財布自体を大事にするようになりましたし、財布にお金を入れる際も以下のことに気をつけています。

 

  1. お金の向きを綺麗に揃える
  2. 1万円札、5千円札、千円札などを分けて収納する
  3. 福沢諭吉さんや夏目漱石さんの顔がすぐに見えるようにする

 

これだと整理がしやすく、お金の扱いが雑になりません。

 

 

また、長財布はカードが整理しやすいです。カードポケットが多く、他にもポケットがあるので使いやすく整理できます。

長財布を使うと金の流れが変わる?

私自身の経験として、二つ折りの財布を使っていた頃よりも収入が多くなったという事実があります。長財布を使うようになって、お金との付き合い方が変わってきたのかもしれません(この辺は半信半疑でも良いです)

 

 

よく本にもにも書かれていますが、

 

ビジネスで成功している人に長財布を使っている人が多い

 

というのをご存知ですか?

 

決してマジックテープでバリバリとやる財布ではありませんし、カードやレシート、小銭などでで丸々と太った財布でもないのです。

 

ただ、長財布に変えたからと言って魔法のようにお金が集まってくるということはないと思います。

 

しかし私の収入が増えてきた事に関しても、理由は存在すると思います。おそらくいちばんはお金に対する意識が変わることだと思っています。

 

 

そんなわけで、当サイトでは長財布を使う事をオススメしています。最初は、見た目が格好いいからという理由でもかまわないと思います。

 

少しずつお金に対する意識が変わり、行動も変わり、何らかの結果を生み出してくれることでしょう。

オススメの長財布を3点ご紹介します。

ブライドル・グランドウォレットの特徴
英国産の高級ブライドルレザーを使用した高級感と機能性を兼ね備えた長財布。ロウ漬けされた物が吹き出て白く粉っぽくなった表面が独特の雰囲気を醸し出しています。ビジネスのシーンによく合います。人気のラウンドタイプで、2012年からベストセラーを維持している逸品です。当サイトでもイチオシです。
価格
32,800
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

ブライドル・インペリアルウォレットの特徴
アルフレートウォレットと同じ折り畳みタイプですが、より厚く、より多く紙幣が入ります。カチッとした印象を与えますので、ビジネスやフォーマルでのシーンに合うと思います。ブライドルレザーの重厚な長財布という印象です。
価格
31,500
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

マットーネ・ラージウォレットの特徴
マットーネ皮革を使用したオーソドックスなタイプ。老若男女問わず使える、持つ人を選ばない長財布です。ラウンドファスナータイプで機能性も高く、いつも上位3位以内を争う人気です。個性では他の財布に劣りますが、「これぞ革財布!」と感じられる逸品です。
価格
29,500
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本
トップへ戻る