長財布のメリットとデメリットについて解説します。

長財布のメリットは?

思いついたのをどんどん挙げて行きたいと思います。

 

◆ たくさん収納できる

 

二つ折財布より大きいので当然多く収納できます。

 

◆ 紙幣を折り曲げずに綺麗に保てる

 

紙幣を折り曲げたくない方が一定数います。新札を綺麗な状態のまま維持することができます。

 

◆ 見た目が格好良い

 

主観的な話ですが格好良いですよね。 大人の男っていう印象があります。

 

 

 

◆ 中身を整理整頓しやすい

 

収納スペースが多く、中が見える範囲が広いので整理整頓しやすいです。

 

 

 

◆ 金運が良いらしい

 

これは賛否両論あります。

 

ただお金持ちが長財布を持っている割合は実際に高いようです。

 

長財布自体に金運がある訳ではなく、お金を大事に扱う姿勢がビジネスにも影響を与えているのかなと個人的には思います。

長財布のデメリットは?

◆ 持ち運びが不便

 

後ろポケットに入れると型崩れしますので、バッグやポーチなどに入れて持ち運ぶ必要があります。
二つ折から長財布に移行したばかりの頃はこれが面倒と感じることが多いようです。

 

 

 

◆ 場合によっては小銭入れが別途必要

 

長財布を型崩れさせたくないという方は、小銭入れを別で持った方が良いです。
経験上、ラウンドファスナータイプは特に小銭をたくさん入れるとすぐ型崩れしちゃいます。
従って気になる方は小銭入れを持つのが良いですが、その分面倒も増えるのも事実です。

 

 

まとめ

このように長財布にはメリットだけでなくデメリットもあります。これらのメリットデメリットを事前に熟慮した上で購入しないと後で後悔することになりますので気を付けて下さい。

 

ちなみに私は長財布と小銭入れを両方持ち歩いていますが、最近はエディやスイカなどの電子マネーの普及によって、小銭を使う機会がかなり減ってきました。

 

 

最近ではクレジットカードにEdyが搭載されていることも多いので、それもありがたく使わせてもらっています。

 

 

そのため長財布だけ取り出せば済むことも多く、両方持ち歩いていてもあまり面倒臭さを感じません。今後その傾向は更に強くなっていくと思います。(都会は特に)

 

そして、私は長財布にして後悔したことは一度もありません。(^ ^)

 

見た目の格好良さだけでも長財布にする価値はあると思います。

 

長財布ランキング2016はこちら

特にオススメの長財布3点

ブライドル・グランドウォレットの特徴
英国産の高級ブライドルレザーを使用した高級感と機能性を兼ね備えた長財布。ロウ漬けされた物が吹き出て白く粉っぽくなった表面が独特の雰囲気を醸し出しています。ビジネスのシーンによく合います。人気のラウンドタイプで、2012年からベストセラーを維持している逸品です。当サイトでもイチオシです。
価格
32,800
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

ブライドル・インペリアルウォレットの特徴
アルフレートウォレットと同じ折り畳みタイプですが、より厚く、より多く紙幣が入ります。カチッとした印象を与えますので、ビジネスやフォーマルでのシーンに合うと思います。ブライドルレザーの重厚な長財布という印象です。
価格
31,500
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

マットーネ・ラージウォレットの特徴
マットーネ皮革を使用したオーソドックスなタイプ。老若男女問わず使える、持つ人を選ばない長財布です。ラウンドファスナータイプで機能性も高く、いつも上位3位以内を争う人気です。個性では他の財布に劣りますが、「これぞ革財布!」と感じられる逸品です。
価格
29,500
評価
評価5
備考
内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本
トップへ戻る