お金は多めに持ち歩くと良いらしい。

ずばり、今お財布の中に、いくら入っていますか?

 

私は、7万円です。

 

ちょうど冠婚葬祭が重なり、ご祝儀を入れたので少し減っていますが、いつもは、10万円入れるようにしています。

 

多ければ多いほどいいかな、って感じ。しかも、新札に換えてもらって入れています。

 

そのほうがお財布を開けたときの気分がいいですよ。

 

 

実用的な面でも、突然お金を包まないといけないときでも、新札があるとササッと用意できて楽なんです。

 

年をとるにつれ、冠婚葬祭のシーンは確実に増えていきますからね。そのときに、新札をさっと用意できるとスマートな人に見られますよ。

 

 

あと、財布の中には、「見せ金」をいれておくといいそうです。

 

『 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? 』 (亀田潤一郎、サンマーク出版)

 

という本には、長財布に関するノウハウ的なことや、お金がよってくる財布の持ち方などが書かれています。

 

 

その中で、使わないけど入れておくお金である「見せ金」を用意しておくと良いと書かれていました。

 

その10万円が入っていることによって、精神的余裕が生まれて、お金の流れも良くなるそうですよ。

 

 

私もこれはオススメします。

 

理由は、財布の中にたくさんお金が入っていると、財布を見るたびに、「ああ、たくさん入っているな」 と思えるからです。

 

ただ思うだけなんですが、これがお金を引き寄せるちょっとしたコツなのだそう。

 

たくさん入っている、という気持ちを持つことによって心に余裕ができ、いい運を引き寄せるということです。

 

思うだけはタダです。見るだけもタダです。

 

利息の増えない銀行にお金を預けておくだけにするなら、目の保養でじゃんじゃんお金を見てあげましょう。

 

 

「でも、盗難や紛失が怖い」 と思う人もいると思います。私も少しそういう気持ちでしたが、今は大丈夫。

 

慣れもありますし、持っているうちに自信がついて、「大丈夫だ」と思えてきますよ。

 

 

そもそも、盗難なんて気をつけていれば早々起きないことですし、お金が入っているのを意識することによってお財布が常にどこにあるか意識し始めますし、扱いも丁寧になるというものです。

 

そして、あけたときのリッチ感。新札をいれておけば、尚よし。試してみてください。

トップへ戻る