3つの財布で大人のマネーマネジメント!

お財布をいい財布に変えたら、同時にお金の管理なんかも見直したいところです。

 

しかも金運もアップする方法って?

 

そんな都合のいい方法が・・・あるわけない?それが、あるんです。

 

「一瞬で、金運がアップする財布の習慣」(佐藤 伝 著)にありました。

 

 

なんでも、お財布は、「の財布」 「の財布」 「の財布」 の3つを持つことで、金運もあがるとのことです。

 

金の財布、とは、金庫のことです。

 

なんでもいいんですよ。小さな金庫でも、なければ缶でも。

 

入れるものを作れば、入れたくなるのが人情。

 

ただし「金庫」ということを意識して、きれいにお金をそろえて入れてくださいね。

 

 

銀の財布、とは、銀行口座のことです。これは、皆さんひとつはお持ちのはず。

 

ここに普通は給料なんかが振り込まれますよね。

 

それを引き出して、家にお金をプールしておくのに、金の財布・金庫が必要なんです。

 

 

革の財布は、もちろん長財布をはじめとした、持ち歩くタイプの財布ですね。

 

自分で、お金の流れを作ることが、金運アップにつながるんだそう。

 

皆さんは、銀の財布と革の財布はお持ちだと思いますが、金の財布はどうですか?

 

商売をされている方はこのような金庫を持っているかもしれませんね。

 

 

でも、会社勤めの方は、だいたい、銀行だけの方が多いと思います。

 

しかし、お金って、いつでも銀行からおろせるとは限りません。

 

最近で言えば、東日本大震災のような災害が起きたとき、手元に現金がないと、必要なものも買えません。

 

いざというときのために、家の中にお金をプールさせておく金庫、つくってみてください。

 

やってみると、意外と便利ですよ。

 

冠婚葬祭のときとか、ササッと金庫から新札をいれると、気分がいい。

 

金庫に入れるお金は、まとめて新札にしてもらっておけば、チマチマ新札に換える必要はありませんし、

 

自分で持ち歩くお金も新札になって気持ちがいいです。

 

 

銀行、自分の家、財布と、自分でお金の流れを作り、お金を常に意識する。

 

お金の管理は金運アップの第一歩でといえます。

トップへ戻る